レトルトドッグフードのメリットとは?無添加のものが良い理由

レトルトドッグフードのメリットとは?無添加のものが良い理由

91view

2018.09.13

レトルトタイプのドッグフードのメリット

犬の食欲を増進させる

犬の嗅覚は人間よりもはるかに優れていることは広く知られています。しかし、味覚に関しては人間よりも劣っているということは意外と知られていない事実です。そのため、犬がドッグフードを食べる際、匂いは食欲を左右する非常に重要なものなのです。

レトルトタイプのドッグフードはドライタイプのものに比べて香りが良く、犬の食欲を大いに増進させます。毎日ドライタイプのドッグフードばかりで、たまには違ったものを食べさせてあげたいという時にレトルトタイプのドッグフードは最適な選択肢であるといえます。

栄養バランスのとれたドッグフードが多い

ドライタイプのドッグフードも栄養バランスに優れていますが、レトルトタイプの中には総合栄養食としてのドッグフードがあります。最近食欲がなかったり、夏バテ気味の愛犬にはぜひ試してみていただきたいドッグフードです。

また、もともとドライタイプのドッグフードをあまり食べたがらない愛犬であっても、レトルトタイプであれば喜んで食べてくれるケースも多いです。ドライタイプとレトルトタイプを併用して食べさせてあげる方法も有効です。

消化が良く食べやすい

加齢によってドライタイプのドッグフードを以前ほど食べなくなった愛犬にもレトルトタイプのドッグフードはおすすめです。ドッグフード自体が柔らかく、噛む力もそれほど必要としないため加齢によって弱った愛犬にも無理なく栄養を補給することができます。ドライタイプに比べて消化も良いことも大きなメリットです。

無添加のドッグフードが良い理由

無添加ドッグフードの特徴

多くのドッグフードには脂肪分が含まれています。人間の食事と違い、愛犬のドッグフードはある程度の量をまとめて購入し、毎日少量ずつ与えるという方法が一般的です。このとき、ドッグフードを開封して日数が経過すると、ドッグフードに含まれる脂肪分が酸化し健康に有害な物質に変化します。

この酸化を抑える目的で多くのドッグフードには酸化防止剤が添加されており、ある程度の日数が経過しても酸化せずに品質を維持しています。

しかし、この酸化防止剤そのものが愛犬にとって有害な物質でもあります。長期間にわたって添加物入りのドッグフードを摂取し続けた場合、体質によってはガンが発症したり、動脈硬化などの深刻な病気を引き起こす危険性があるのです。

無添加ドッグフードにはこのような添加物が一切加えられていないという点が最大の特徴です。

レトルトタイプの無添加ドッグフードをおすすめしたい人

レトルトタイプのドッグフードはドライタイプに比べて保存期間が長いというメリットがあります。一食ごとに小分けにした状態で販売されているレトルトタイプのドッグフードは、ドライタイプのように小分けにして保存する手間もありません。また、一食ごとに軽量して与える必要もなく、愛犬の食事管理も手軽に行うことができます。

特に一人暮らしで愛犬の世話をする時間も限られている人にとっては、レトルトタイプのドッグフードは食事を与えた後のパッケージの処理も簡単でおすすめです。

無添加ドッグフードをおすすめする理由

無添加ドッグフードを愛犬に与えるメリットは多いですが、最大のメリットは病気のリスクを減らすことができるという点です。添加物は人間にとっても有害であるのと同様に、愛犬にとっても決して良いものではありません。ドッグフードの中に含まれる添加物としてはごく少量であったとしても、それを毎日、長年にわたって摂取し続けた場合は健康上の大きなリスクになり得ます。

また、ドッグフードの香りは犬の嗅覚を刺激し、食欲を増進させます。無添加のドッグフードは素材そのものの香りが高く、愛犬の食欲を増進させる役割も果たしてくれるのです。

無添加ドッグフードは愛犬の健康状態を向上させ、それは毛並みや艶の良さになって現れます。私たち人間もバランスの取れた食事が大切なように、愛犬にとっても体に優しい食材から作られる無添加のドッグフードは健康状態を維持するために必要不可欠なものといえるのです。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る