子犬用の無添加ドッグフードと市販のドッグフードその違いとは?

子犬用の無添加ドッグフードと市販のドッグフードその違いとは?

76view

2018.09.13

無添加ドッグフードVS市販のドッグフード何が違うの?

市販のドッグフードとは?

CMや雑誌でよく見かけるドッグフードは、お手頃な値段で購入できます。スーパーやホームセンターなどで販売されているので、ドッグフードを切らしてしまってもすぐに購入できます。種類も子犬用やシニア向け、ダイエット用のドッグフードまで多岐にわたります。

メリット・デメリット

市販のドッグフードのメリットは価格が安く、CMや雑誌で見たことがある商品が多いため、消費者に安心感を与えることができます。価格が手頃なため特に多頭飼いの場合は、毎月のエサ代を考えるとお財布に優しいドッグフードです。種類も豊富にあることやホームセンター、スーパーなどで手軽に購入できるのも特徴です。

デメリットは、人工添加物やトウモロコシ、小麦の植物性タンパク質を混ぜていることです。この材料を混ぜることで、低コストでドッグフードの量をかさ上げし、それにより低価格で販売しています。穀物を含めることで、犬の中にはアレルギーを発症する子や毛並みが悪くなる子もいます。

無添加ドッグフードとは?

最低限必要な保存料などの添加物しか入っていないドッグフードです。無添加では、モグワン ドッグフードやカナガン ドッグフードなどが有名です。人間でも食べられる原材料を使ったドッグフードは、ヒューマングレードと呼ばれています。人工甘味料が入っていないので、犬の体のことを考えたドッグフードです。

メリット・デメリット

犬の健康を考えたとき、元々肉食の犬は動物性タンパク質が必要です。無添加ドッグフードは、チキンなどの動物性タンパク質を利用し添加物も入っていないので、健康的に育てられます。

無添加の場合、市販のドッグフードに比べ価格が高く毎月のコストを考えるとやや割高になります。また、ホームセンターやスーパーでの取り扱いがない場合が多く、インターネットで購入する必要があります。無添加ドッグフードでも市販ドッグフードでもいえることですが、開封後は酸化します。早く消費しないと添加物が最低限しか含まれていないので、開封後の長期保管はかえって犬に健康被害を与える可能性があります。

子犬用の無添加ドッグフードを選ぶポイントとは?

動物性タンパク質が豊富に含まれているか

子犬に必要な栄養素のひとつに、動物性タンパク質が含まれます。動物性タンパク質は主に、牛肉や豚、鶏肉や魚などから摂取できます。牛肉や豚肉はアレルギーを起こす犬もいるので与える際には注意が必要です。アレルギーが心配であれば鶏や魚を含むドッグフードを与えましょう。子犬は成長スピードが早く、成犬に比べ上質な栄養素が必要な時期です。

植物性タンパク質とは大豆やトウモロコシ、小麦などの穀物から採取できる栄養素です。犬は元々肉食で穀物は食べませんが、市販のドッグフードに植物性タンパク質が含まれていることが多いです。理由は、穀物の価格が安くカサを増すことでコストを抑えることが可能だからです。

動物性脂質が表記されているか

動物性脂質が明確に表記されているか確認が必要です。動物性脂質とは動物から取れる成分のことを指します。ドッグフードの原材料を確認すると”脂質”が含まれていますが、”動物性脂質”とだけ表記されている場合がほとんどです。粗悪品の中には、家畜の廃棄物の中から採取したものが含まれている可能性があります。

こういった質の悪い脂質を使用すると酸化が早くなるため、酸化防腐剤を使用します。酸化防腐剤の中には発がん性物質が含まれているので、長期的に摂取し続けると健康被害にあう可能性を高くします。

原材料を確認し、脂質成分がチキンやサーモンオイルなど明確に表記されている商品を購入しましょう。

グルテンフリー、グレインフリーのドッグフードか?

最近はグルテンフリーという言葉を雑誌やテレビで目にする機会も増えてきましたが、あまり馴染みがないのがグレインフリーです。グルテンフリーとは、小麦や大豆、トウモロコシに含まれる穀物のタンパク質を使用していないことを指します。グレインフリーとは、小麦や大豆、トウモロコシなどの穀物を使用していないことを指します。ネルソンズ ドッグフードやカナガン ドッグフードがグレインフリーです。

グルテンフリー:小麦、トウモロコシなどのタンパク質は使っていない

グレインフリー:小麦、トウモロコシなどの穀物を使用していない

この2つが含まれていると、犬は穀物の消化をしにくく中にはアレルギーを起こす犬もいます。特に子犬の場合は体も小さく消化器官も未熟なので、できればグルテンフリー、グレインフリーのドッグフードを選びましょう。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る