ドッグフード選びの基準は無添加で国産?その理由とおすすめは?

ドッグフード選びの基準は無添加で国産?その理由とおすすめは?

18view

2018.09.13

ドッグフードが犬とオーナーにとって重要な理由

体調にダイレクトにつながる

「食べ物が人を作る」という言葉がありますが、食べ物の内容や中身は人の体を形成するといわれ、とても重要な役割を果たすものです。なぜなら食べ物の種類や食べ方によって人は体調に変化を生じるからです。

人の健康管理は犬の健康管理に通じるものがあります。犬がその日に食べたものはダイレクトにコンディションに表れるため、食事の内容に気を付けなければなりません。

ドッグフードを変えた途端に下痢をしてしまったり、散歩に行きたがらなくなったりするときは食事に問題がある可能性があります。既存のドッグフードから新しいものに変更したり、環境が変わったりすると犬は体調を崩しやすくなることを認識しておきましょう。

体調をおおまかに知ることができる

犬のコミュニケーション能力は、人と比べて低いとされています。人は言葉を話すほか、泣いたり、笑ったり、怒ったり、恥ずかしがったり、いろいろな表情で相手に気持ちを伝えることができますが、犬はそれができません。

もちろんしっぽを振ったり、吠えたり、お腹を見せたりと感情を示す行動はいくつかありますが、直接犬の気持ちがわかる仕草はとても少ないのです。

しかしドッグフードを全部食べたときは体調もまずまずだと理解できて、ひとまず安心することができるでしょう。ドッグフードをどれくらい食べたか、食いつきはどうか、食べた後の様子はどうかなどで犬の体調をおおまかに知ることはできるのです。

おいしく食べれば気持ちもハッピーになれる

人は美味しいものを食べると自然と笑顔がこぼれ楽しい気持ちになるものです。都度の食事が素晴らしいものであれば、毎日が嬉しい気分でいっぱいになることでしょう。

犬も人と同じことが言えます。犬も毎回の食事を美味しく楽しく食べたいのです。そして元気に散歩に出かけて、好きな時間に昼寝をして、一緒に住む家族みんなとワイワイしながら過ごしたいのです。

ドッグフードが犬にとって大切なのは美味しいものを食べているという満足感と気持ちの上で充実感が得られることでしょう。ドッグフードが健康的で美味しければお腹も心もいっぱいに満たされます。

ドッグフードを選ぶときのポイントは?

添加物をできるだけ抑えたものを選ぼう

添加物は食べ物の味を良くしたり、日持ちを良くしたりするために、多くの加工食品に含まれていますが、添加物の取り過ぎはアレルギーを発症する原因になる可能性がある他、体のコンディションが崩れがちになるのが特徴です。

ドッグフードも同じです。食べ物はその日の体調にストレートに表れるため、毎日の食事を管理することが犬の一生の健康を守るための大切な条件となるのです。ドッグフード選ぶときのポイントは添加物が少ないものにしましょう。

どちらが好み?ドライかウェット

ドッグフードには乾燥型のドライフードと缶詰や密封パッケージに入ったウェットフードがあります。犬によって食べやすさや好みがあるため、どちらの食いつきが良いか知っておくことが大切です。

オーナーの悩みの一つであるのは、犬がドッグフードを「食べてくれない」ことです。手作りのドッグフードもおすすめですが、忙しく日常を過ごしている人には大変かもしれません。

ドッグフードを選ぶときのポイントは愛犬がドライかウェットか、どちらのドッグフードが好みでしっかり食べてくれるかを認識しておくことです。ドライとウェットをバランス良くあげるのが理想的ですが、人と同じように犬にも好みを多少優先させてあげると良いでしょう。

経済的な商品を選ぶことも大切

ドッグフードは犬が毎日食べるものであるため、できるだけ経済的な商品を選ぶことも大切です。海外には犬の健康にこだわった無添加のドッグフードが豊富にありますが、高い送料と商品代をかけて何年も続けるにはある程度の費用が必要になってきます。

国産で無添加にこだわったドッグフードを発売しているところはいくつかありますので、価格的に手ごろなところを選んで数か月試してみましょう。市販のドッグフードよりは高いですが、少し手を伸ばせば届く価格設定のところもあります。食いつきが良ければぜひ継続してみてください。

なぜドッグフードは無添加にこだわるの?

安心と安全にこだわる証

人が食する添加物は食品衛生法により厳しく規制されています。もちろん加工食品には添加物が入っていることが多いですが、人体に影響を及ぼす成分を食品に入れることはここでしっかりと制限されているのです。

しかし犬が食すドッグフードにおいては添加物を詳細に記す義務がありません。そのためどのような添加物がどれくらい入っているか不明確であるのが現状です。

犬の健康を維持するためには添加物が少ない商品を選択したいものですが、そうなると無添加にこだわったドッグフードを選ぶことがベストという結果になるのです。実際のところ、国産のドッグフードも無添加のものが増えてきています。

愛犬に長生きして欲しいという純粋な願い

ドッグフードの無添加へのこだわりは、言い換えればオーナーの愛犬に対する愛情表現の表れです。

添加物の多いドッグフードを食べると犬種や年齢によっては食欲不振や疲れやすいなどの体調不良がみられることがあり、免疫力の低い犬になると胃腸や皮膚に症状が表れることもあるのです。健康を損ねた愛犬をみて喜ぶオーナーはどこにもいません。

無添加にこだわるのは安心や安全であるという理由が一番ですが、やはり愛犬に一日でも元気で長生きしてしいという気持ちがあるからなのです。無添加のドッグフードは厳選された原材料だけを使っていることがほとんどです。無添加の表示がオーナーに安心感を与えているのは間違いないでしょう。

無添加で国産のおすすめドッグフードは?

モグワンドッグフード

モグワンドッグフードは、カナガンスタッフの思い付きで開発まで至ったというドッグフードです。イギリスにあるドッグフード工場の専門家と入念な開発を繰り返し、犬の体にとって必要な栄養素をできるだけ取り入れた理想的なドッグフードとして人気があります。

モグワンドッグフードはは無添加にこだわり選び抜いた原材料だけを使用しているのが特徴です。まさにオーナーの愛犬への健康に対する悩みを一気に解決した注目のドッグフードと言えるでしょう。

犬の食いつきとヘルシーライフを第一に考えた国産ドッグフードを探しているなら、モグワンドッグフードがおすすめです。

アランズ ナチュラルドッグフード

アランズナチュラルドッグフードは、国産で無添加にこだわったドッグフードとして多くの愛犬家に選ばれているドッグフードです。添加物やアレルギーの原因になる食材が入っていないため、大切な愛犬にも安心してあげることができます。

アランズナチュラルドッグフードは偏食が気になる愛犬でも食いつきが良いのが特徴で、徹底した品質管理はもちろん、原材料の選定から製造に至るまで徹底した管理体制が整っています。

犬の健康を守る獣医師も推奨している人気のドッグフードです。犬の健康と毎日の体調管理に最適なアランズナチュラルドッグフードで愛犬との快活なライフスタイルを実現させてください。

ネルソンズ ドッグフード

イギリスを代表するトップブリーダーによって開発された穀物不使用のドッグフードです。あくまで無添加にこだわり、全ての犬種、生後7か月から7歳までの犬に適した健康ドッグフードを届けています。

ネルソンズドッグフードは犬を最も大切にする国の一つであるイギリスが産地です。穀物不使用のためアレルギーが気になる犬でも安心して食すことができる他、添加物を使っていないため健康への不安も解消することもできます。

犬の健康維持をサポートするオリゴ糖やグルコサミン・コンドロイチン、美しく綺麗な体を維持するためのサーモンオイルや海藻が配合されており、これらは他のドッグフードにあまりない特徴とも言えるでしょう。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る