無添加で魚を原材料とするドッグフードのメリットとデメリット

無添加で魚を原材料とするドッグフードのメリットとデメリット

82view

2018.09.13

無添加で魚を原材料とするドッグフードは良いのか?

無添加で魚を原材料とするドッグフードのメリット

もともと肉食のワンちゃんですが、魚を原材料とするドッグフードを与える飼い主さんが増えています。その理由は、ワンちゃんの健康に良いからです。魚は、高たんぱく低カロリーです。ワンちゃんに必要な動物性たんぱく質をしっかりと摂りながらも、低カロリーなので肥満を防ぐことができます。

ワンちゃんが肥満になれば、筋肉や関節に負担をかけてしまい、歩行困難になる可能性があります。心臓病や糖尿病になるリスクも上がってしまいます。こうした病気のリスクを減らせるという面で魚を原材料とするドッグフードは良いです。

最近では魚を原材料とするドッグフードに無添加なものが登場しています。無添加というのも大切な要素で、ワンちゃんは添加物が入っているとさまざまな病気のリスクが高まります。例えば、ドッグフードが腐らないために酸化防止剤が入っていることがありますが、酸化防止剤には発がん性物質にあたるものがあります。

また、着色料はアレルギー反応を引き起こすことがありますし、甘味料は血糖値を上げて糖尿病になる確率を上げてしまうのです。

無添加で魚を原材料とするドッグフードなら、ワンちゃんが病気になるリスクを減らし、安心して与えることができるのです。

無添加で魚を原材料とするドッグフードのデメリット

無添加で魚を原材料とするドッグフードは良い面だけではありません。1つだけ気にかかる点もあります。それは、肉を原材料とするドッグフードよりも食いつきが悪いことが多い点です。

もちろん食いつきはワンちゃんの個体差もありますので、一概にはいえません。しかし肉を原材料とするドッグフードよりも食いつきが悪い可能性は高いと思っておいた方が良いでしょう。

肉を原材料とするドッグフードから無添加で魚を原材料とするドッグフードに変更するときは、愛犬のお口に合うかわかりませんから、最初は少量を購入して与えてみると良いでしょう。

無添加で魚を原材料とするおすすめのドッグフード

モグワンドッグフードの主な原材料は、サーモンです。スコットランドで捕れた新鮮なサーモンを使用しています。もちろん添加物は入っていませんから安心してワンちゃんに与えられます。

モグワンドッグフードは、食いつきも良いです。実は、サーモン以外にチキンも入っています。イギリスで平飼いされた健康なチキンが使われていて、食いつきは良いとされています。もしも食いつきが悪いようであれば、ワンちゃんの好きなものと混ぜて与えてください。シンプルな味になっているので他の食材との相性も良いです。

その他の原材料としては、抗酸化作用があるリンゴ、食物繊維が豊富なカボチャが入っています。リフレッシュ作用があるココナツオイルや美しい毛並みを助ける海藻も入っています。ワンちゃんの健康と美しさをしっかりとサポートしてくれるドッグフードです。

1袋1.8kg入りは、通常価格税抜3,960円となっています。お得な定期コースもありますのでチェックしてみてください。

無添加で魚を原材料とするドッグフードは健康に良い

無添加で魚を原材料とするドッグフードのメリット・デメリットを紹介しました。魚を原材料とするドッグフードは、高たんぱく低カロリーでワンちゃんに必要な栄養をしっかりと補給しながら、肥満を防げます。ワンちゃんが肥満になれば、歩行困難や心臓病、糖尿病になるリスクが上がりますので、肥満にならないのは良いことです。

しかも無添加であれば、病気になるリスクをさらに減らせます。添加物は、アレルギー反応を引き起こしたり、ガンになったりしますから避けたいものです。

しかし無添加で魚を原材料とするドッグフードにもデメリットがあります。それは、食いつきが肉を原材料とするドッグフードよりも一般的に悪いことです。食いつきの部分がクリアされれば、無添加で魚を原材料とするドッグフードは健康に良いのでおすすめです。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る