無添加・穀物不使用!ドッグフードは選び方が重要!

無添加・穀物不使用!ドッグフードは選び方が重要!

57view

2018.09.13

なぜ無添加・穀物不使用がいいの?ドッグフードを選ぶポイント

無添加・穀物不使用のドッグフード

無添加・穀物不使用のドッグフードは何がいいの?という疑問をもつ人が多いようです。添加物や穀物が含まれるドッグフードとの違いをご説明していきます。また、無添加・穀物不使用のドッグフードを選ぶポイントについてもご案内します。

なぜ無添加のドッグフードがいいの?

無添加とは、人口添加物を使用していないことを指します。人口添加物が含まれていると、消化吸収率が悪くなり、アレルギーや遺伝毒性、発がん性物質の発症を招くものもあります。そのため、大切なわんちゃんに与えるドッグフードは、吸収率が良くなる無添加のものがおすすめです。

なぜ穀物不使用のドッグフードがいいの?

穀物というのは、米・白米・玄米・小麦・大豆などの食品です。わんちゃんのアレルギー発症を招く穀物は、小麦・大豆・トウモロコシの3つです。そのことから、アレルギーの発症を防ぐために穀物不使用のドッグフードがおすすめです。また、わんちゃんの体は穀物の吸収率が悪く、穀物を消化することが苦手ですから、穀物入りのドッグフードを食べていると栄養バランスが悪くなることがあります。

無添加・穀物不使用!ドッグフードの重要な選び方を伝授!

無添加・穀物不使用のドッグフードは、穀物不使用のために比較的肉類の含有量が多いのです。販売している会社によっては肉の含有量を正確に表示している会社があります。なぜなら会社の信頼性を高めることと、わんちゃんの消化吸収率に関係し、商品の売り込みポイントにもなるからです。したがって、原材料の比率を正確に表示しているドッグフードを選びましょう。

無添加・穀物不使用のドッグフードは肥満予防に最適!

無添加・穀物不使用のドッグフードは、わんちゃんの体に優しいだけでなく、カロリーが低いため太りにくいのです。最近では、外で飼えない室内犬が多い傾向にあるため、肥満率が高いです。室内犬であっても、無添加・穀物不使用のドッグフードは、低脂肪で太りにくいため安心です。

これから紹介する無添加・穀物不使用のドッグフードは、余計なものを入れず、栄養バランスが整えられ、選びぬかれた食材から製造されています。

無添加・穀物不使用!安全なドッグフードをご紹介!

安全性の高い穀物不使用のモグワンドッグフード

穀物不使用の「モグワン」は、肉の含有量も多く、野菜がたっぷりと含まれているためバランスの良い食事をわんちゃんに与えられます。チキンとサーモンをたっぷりと使用しているため、わんちゃんが喜んでくれること間違いありません。消化吸収率の悪い穀物は一切使っていないため、わんちゃんに優しいドッグフードです。

吸収率の高い無添加のアランズ ナチュラルドッグフード

「アランズ」は、ラム肉を贅沢に55%も含有したナチュラルドッグフードです。アレルゲンとなる食品を含有せず、人間も食べられますので安全で安心できます。わんちゃんの栄養吸収率が高くなるように、ビタミン成分をできる限り失わずに加熱する方法で製造されています。低品質な原材料をかさ上げに使用したりせず、良質な天然素材だけを厳選して使用しているので、わんちゃんのお腹に優しいドッグフードです。

安心安全の無添加・穀物不使用のネルソンズドッグフード

無添加・穀物不使用のドッグフードの1つといえば、「ネルソンズ」です。わんちゃんの美しさや健康のサポートをしてくれる安心安全のドッグフードです。定期コースやまとめ買い割引などの嬉しい価格で購入できます。小粒タイプですので、小型犬も食べやすいですよ。

穀物不使用!カナガンドッグフード

厳しい基準をクリアしたイギリスの製造工場から届けられる「カナガン」のドッグフードです。配合にこだわったバランスの良い食事で、わんちゃんの美しさと健康を維持するサポートをしてくれます。栄養価の高い野菜やハーブが含まれているため、ビタミン成分やミネラルを十分に摂ることができるのです。

品質の高い無添加・穀物不使用のドッグフード選ぼう

一言で穀物不使用ドッグフードといっても、法で定められた表記の基準がないため、製造会社によっては曖昧な表記をされているところもあります。ラベルの表示をきちんと確認してから、購入することをおすすめします。大切なわんちゃんのために、質の高い無添加・穀物不使用のドッグフードを選びましょう。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る