愛犬のダイエットをお考えなら無添加のドッグフードを選ぼう

愛犬のダイエットをお考えなら無添加のドッグフードを選ぼう

87view

2018.09.13

ダイエットしたほうがいいかも…愛犬の健康管理できていますか?

犬の健康管理は人間よりも大変

人間は運動不足や体重増加、栄養不足に自身で気づいて調整ができますが、犬は自分で健康管理ができないので飼い主に委ねられます。

犬は小型から大型まで犬種によって必要な運動量や食事量は異なります。そのため、飼い主は普段から散歩や食事量を調整し、健康管理に努めていることでしょう。しかし、忙しくて散歩に行けなかったり、おやつをあげすぎたりしてしまうと人間より体の小さな犬はたちまち脂肪だらけになってしまうのです。

見た目にもダイエットが必要な状態になってしまってからでは人間以上に痩せるのは大変です。人間は食事量を減らしたり、抜いたり我慢して肥満解消を目指しますが、同様のことを愛犬にやってしまうと健康を損ねる可能性が高くなります。

犬の体は人間の身体とつくりが異なるので、人間に必要な栄養バランスをメインに考えた食事では期待した効果が得られない可能性があるのです。では、ダイエットが必要な愛犬のために、知ってほしい栄養素についてご説明しましょう。

穀物は犬にはNG?!

市販のドッグフードにはタンパク質はもちろん、穀物が入っているものも多く出回っています。

穀物入りのドッグフードは、愛犬のダイエットにおすすめだとアピールされています。確かに穀物を摂取すると排便頻度が高くなりますが、犬の消化器官は穀物をうまく消化することができません。
さらに消化器官に負担がかかり、下痢や嘔吐、アレルギー症状を引き起こす可能性もあるのです。

それなら穀物抜きのドッグフードを選べばいいのでは?と思いますが、まったく摂らないのも栄養バランスを考えるとあまり良い方法とはいえません。

消化器官に負担をかけずに健やかな排便をお望みなら、サツマイモやジャガイモなど消化しやすい食物繊維を含んだ穀物を選びましょう。

動物性タンパク質でベストな筋肉量を維持

肉に多く含まれている動物性タンパク質は、ベストな筋肉量を保つためにも必要な栄養素です。不足すると筋肉量が低下します。脂肪よりも筋肉のほうが重いので、体重は軽くなりますが、単純にタンパク質を減らしたことが犬に適したダイエットとはいえません。

タンパク質不足は筋肉量の低下だけでなく、発育の遅れなど健康被害につながる可能性があります。さらに筋肉量の低下により、お散歩も楽しめなくなってしまいます。

市販のドッグフードを与えるのが心配で、手作りされる愛犬家もいらっしゃいますが、犬の体に的確な栄養バランスで、ドッグフードを手作りするのは簡単なことではありません。もし、タンパク質を摂りすぎてしまうと腎臓に負担をかけてしまうこともあります。

無添加のドッグフードで愛犬のダイエットをサポート!

理想的な栄養バランスでおいしく健康維持

愛犬のために栄養素や犬の体について学ぶことはとても大切です。しかし、毎日栄養バランスの優れたドッグフードを手作りするのは、飼い主にとっても大きな負担になります。どちらにも負担のない方法をとるなら、犬の体にとって理想的な栄養素が含まれた無添加のドッグフードがおすすめです。

イギリス産高級グレインフリードッグフード「カナガン」は、犬本来の体質に適した栄養素に着目して開発されました。消化率の高いサツマイモや野菜はもちろん、ミネラル豊富な海藻や愛犬の健康維持に役立つ栄養素が含まれています。

サイズや形状、色が粒ごとに異なりますが、これは無添加ならではの特徴です。カナガンは人間でも食べられるドッグフードなので、愛犬にも安心して与えることができます。

カナガンを購入するなら定期コースがおすすめ

カナガンは、ペットショップなど店頭で購入することはできません。電話・FAX・WEB(公式サイト)でご購入いただけます。送料は全国一律640円、購入金額が10,000円以上なら無料になります。ご自宅に届くまでの期間を考えると、注文のタイミングがむずかしいこともあるでしょう。

カナガンでは通常購入とは別に最大20%オフになる定期コースをご用意しています。ダイエットが必要な愛犬のために無添加のドッグフードをお探しなら、イギリス産グレインフリーのドッグフードカナガンの購入を検討してみてください。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る